1. 社會サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结?/h2>

                  サプライチェーンに関する基本的な考え方

                  丸紅グループは、グローバルに多種多様な取引?事業を行っており、サプライヤーも數多く存在しています。同時に、數多くの取引先に対し、丸紅グループ自身がサプライヤーとして、多種多様な商材を供給しています。グループ內における取り組みのみならず、丸紅グループのサプライチェーン全體で地球環境の保全、社會の持続的発展に取り組み、持続可能で強靭なサプライチェーンを構築することは、丸紅グループの競爭力強化、差別化に直結すると考えています。
                  また、人権の尊重も持続可能なサプライチェーンに欠かすことのできない重要な要素です。丸紅グループは、持続可能なサプライチェーン構築に取り組むことにより、「丸紅なら安心」というステークホルダーからの信頼を醸成し、ビジネス機會の拡大を目指していきます。

                  サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结?/h3>

                  サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结槪?019年1月改訂)

                  1. 丸紅グループは、自らがサステナビリティへの取り組みを強化するにとどまらず、そのサプライチェーンにおけるサステナビリティへの取り組み強化をサポートし、地球環境に配慮した健全で持続可能な社會の構築を目指してまいります。
                  2. 丸紅グループは、次項の『サプライチェーンにおけるサステナビリティ?ガイドライン』を定め、取引先に対して、その順守に対する理解と協力を求め、取引先と共により実効性の高いサステナビリティへの取り組みを推進してまいります。また、同ガイドラインの浸透を図るためにコミュニケーションのみならず、取引先訪問の際に、必要に応じて助言、要請、指導や優良事例の共有を行うなど、取引先のキャパシティ?ビルディングに取り組みます。
                  3. サプライチェーンにおけるサステナビリティ?ガイドライン
                    1. 1)法令順守
                      • 當該國および取引に関わる諸國の関連法令を順守する。
                    2. 2)人権尊重
                      • 人権を尊重し、差別?各種ハラスメント?虐待などの非人道的な扱いをしない。
                      • 児童労働、強制労働を行わない。
                      • 従業員の労働時間と休日?休暇を適切に管理し、過度な時間外労働を禁止する。
                      • 法定最低賃金を遵守するとともに、生活賃金以上の支払いに配慮する。不當な賃金の減額を行わない。
                      • 労使間協議の実現手段としての従業員の団結権および団體交渉権を尊重する。
                    3. 3)環境保全
                      • 気候変動問題の重要性を認識し、適切に対応する。
                      • 自然環境を保護する。
                      • 環境への負荷を低減し、汚染を防止する。
                    4. 4)公正取引
                      • 公正な取引を行い、自由な競爭を阻害しない。
                      • 贈賄や違法な獻金を行わず、腐敗を防止する。
                    5. 5)安全衛生
                      • 職場の安全?衛生を確保し、労働環境を保全する。
                    6. 6)品質管理
                      • 商品やサービスの品質?安全性を確保する。
                    7. 7)情報開示
                      • 上記を含め、會社情報を適宜適切に開示する。
                  4. 丸紅グループは、本方針のうち、労働基準を満たさない仕入先への対応手順を以下のとおり制定しています。
                    1. (1)本方針のうち、労働基準に関する1)法令順守、2)人権尊重、5)安全衛生を満たさないことが明らかになった仕入先に対して、必要に応じ、
                      • 事実確認、
                      • 事実である場合、その背景および改善策の報告、
                      を要請する。また、狀況に応じて仕入先を訪問する。
                    2. (2)改善策が不十分と判斷される場合には、更なる施策実施を要請する。
                    3. (3)上記(1)~(2)を実施してもなお、改善策が進捗しない狀況が続く場合は、取引の継続可否を検討する。

                  『サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结槨护嵌à幛皮い肴藰丐趣?、憲法、労働基準法、世界人権宣言、ビジネスと人権に関する指導原則(國連)などで定める全ての基本的人権を含みます。また、ILO(國際労働機関)の國際労働基準に定められた均等雇用、強制労働や児童労働の禁止、結社の自由、団體労働交渉権の保障などにかかわる人権も含まれます。

                  『サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结槨护嵌à幛皮い氕h境保全には、エネルギー使用、気候変動、水使用、生物多様性への影響、環境問題、汚染、廃棄物、資源利用への対応を含みます。

                  丸紅は継続的取引のある取引先に、『サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结槨护騺贿_することで、同方針に対する理解と協力を頂くことを目指しています。
                  具體的には、同方針の改訂毎に、継続的取引のある全仕入先、及び新たに継続的取引を開始する仕入先に、手交、口頭説明、或いは送付等の方法で同方針への理解と協力を求める體制を構築しています。

                  継続的取引のある取引先には、グループ會社、仕入先、サービス提供會社、契約業者、製造委託先、JVパートナー、業務委託先を含みます。

                  『サプライチェーン労働基準』を満たさない仕入先への対応

                  丸紅は、『サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结槨护韦Δ?、サプライチェーン労働基準を満たさない仕入先に対して、以下のとおり対応手順を定め、改善して頂くように要請しています。2019年3月期には、サプライチェーン労働基準を満たさない取引先はありませんでした。

                  『サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结槨护蝿簝P基準を満たさない仕入先への対応手順[97KB]

                  サプライチェーン?マネジメント 教育?研修

                  サプライチェーン?マネジメントを実踐するために、丸紅は、役員?社員向けにサプライチェーン上の人権リスクなど、必要な知識を含むe-Learning研修を実施しています。受講率の目標を80%と定め、2019年3月期は約3,500名が受講しました。今後も毎年、內容を更新して、教育?研修を継続していきます。

                  サステナビリティe-Learning研修受講者數
                  2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期
                  2,663人
                  62%
                  2,729人
                  68%
                  3,569人
                  73%

                  サプライヤーのキャパシティ?ビルディング

                  當社は、サプライヤーに「サプライチェーンにおけるサステナビリテ?;痉结槨工蛑苤?、環境?社會問題への理解を深めてもらうために、営業擔當者がサプライヤーを訪問する際に、必要に応じて助言、要請、指導や優良事例の共有を行うなど、サプライヤーのキャパシティ?ビルディングに取り組んでいます。

                  茄子直播app免费下载ios,1024最新地址获取2017,佐山爱链接