1. 社會サプライチェーン?サステナビリティ調査

                  サプライチェーンにおけるサステナビリティ評価手法の構築

                  持続可能で強靭なサプライチェーン構築のためのリスク管理の一環として、丸紅グループは、ビジネスのサステナビリティ面における潛在的リスク評価手法を構築しています。手法の構築にあたっては、専門的な知見を有する社外のコンサルタントを起用し、関連法令、國際基準、類似ビジネスにおける過去の事故事例なども參照し、リスク評価の基準を定めています。

                  具體的には、①各ビジネスの業種?業態、②各ビジネスが事業活動を行っている國?地域に応じて、「環境」「労働安全衛生」「社會」の3カテゴリーによる各評価項目の潛在リスクの重要度評価を行います。重要度評価に際しては、各リスクの「規?!?、「範囲」、「是正困難度」などにより、その影響度を判斷します。

                  各カテゴリーのリスク評価項目
                  環境 気候変動/環境汚染/生物多様性/資源管理/対策?管理手順
                  労働安全衛生 機械安全/火災?爆発/有害物質との接觸/感染/危険性のある作業/対策?管理手順
                  社會 強制労働?人身取引/児童労働/労働時間/賃金?雇用契約/差別/ハラスメント?懲罰/多様性の尊重/結社の自由/土地の問題/地域コミュニティへの負の社會的影響/先住民?文化遺産/紛爭鉱物/プライバシー/アニマルウェルフェア(動物福祉)/責任あるマーケティング/対策?管理手順

                  連結子會社へのサステナビリティ調査

                  丸紅グループの世界各地の連結子會社は、その商品?サービスの提供先にとってのサプライチェーンの起點です。丸紅グループは、これらのビジネスの現場においてサステナブルな事業運営を擔保することこそが、持続可能で強靭なサプライチェーン構築のためのファーストステップかつ非常に重要な要素であると位置づけています。

                  こうした認識に基づき、丸紅グループは2019年度、連結子會社へのサステナビリティ調査を開始しました。丸紅グループの全連結子會社約400社を対象スコープとし、中でも潛在的リスクの詳細確認が必要と判斷された約200社について調査を実施しています。これら200社に対しては、まず、サステナビリティ評価手法を用いて、各社の潛在リスクレベルの評価を行ったうえで、その業種特性等に即した潛在リスクレベルが一定以上の連結子會社に関しては現地訪問調査の候補とし、それ以外の連結子會社に関しては書面調査を実施しました。2019年度は、國內の連結子會社4社に対し、専門的な知見を有する社外のコンサルタントとともに訪問調査を行い、環境面、労働安全衛生面、社會面において事業が適切に運営されているか確認を行いました。今回の書面調査及び訪問調査の結果、直ちに対応を要する問題事項は発見されませんでした。

                  連結子會社へのサステナビリティ調査

                  【2020年2月訪問 千葉ターミナル(丸紅エネックス)訪問調査】

                  サイト視察の様子
                  サイト視察の様子

                  日本國內で石油製品、LPガス、石油化學品の物流ターミナルを展開する丸紅エネックス(株)の千葉ターミナルへ訪問調査を行い社外のコンサルタントとともに、マネジメントや現場擔當者へのインタビュー、サイトでの操業狀況の視察を通じ、環境面?労働安全衛生面?社會面における事業の運営狀況を確認しました。3日間の調査を経て、丸紅エネックス(株)の環境管理面や安全衛生管理?防災體制等に関し、継続すべき良い取り組みを確認するとともに、改善の機會を検討しフォローアップ事項を整理しました。

                  茄子直播app免费下载ios,1024最新地址获取2017,佐山爱链接