1. 食料?アグリ?化學品グループ食料本部

                  主要取扱商品?分野

                  • トウモロコシ?大豆?小麥?菜種などの穀物全般
                  • 大豆粕?菜種粕?魚粉など飼料副原料
                  • 配合飼料
                  • 小麥粉?砂糖?油脂などの食品原料
                  • コーヒー?茶?果汁などの飲料原料
                  • 畜産物?畜産加工品、水産物?水産加工品
                  • 市販用食品、業務用食材、乳製品、農産物

                  食料本部の強み

                  國內での強固な食品流通網と海外成長市場への展開

                  食品スーパーマーケット事業、並びに食品卸事業を中心に流通各社との戦略的提攜を進めるとともに、海外においても、國內の食品流通で培ったノウハウをもとに、食品事業構築を進めています。
                  また、國內外の有力加工食品メーカー向けに安心安全と安定供給を確立したバリューチェーンを通じて、各社のニーズに細やかに対応しながら、各種食品原料の販売及び國內外の加工食品分野の事業投資を行っています。
                  海外では、成長市場での內需取り込みに向け、エースコックベトナム社への経営參畫をはじめ、各國で事業領域の拡大に取り組んでいます。

                  • ユナイテッド?スーパーマーケット?ホールディングス
                    ユナイテッド?スーパーマーケット?ホールディングス
                  • ACECOOK VIETNAM社(ベトナム)
                    ACECOOK VIETNAM社(ベトナム)

                  輸入販売シェア3割を誇り、最適なサプライチェーンを構築するコーヒートレーディング

                  丸紅のコーヒー豆輸入は業界全體の約30%のシェアを誇ります。またインスタントコーヒーについても、子會社である世界最大級の原料用インスタントコーヒー製造?販売會社であるイグアス社(ブラジル)を生産拠點として、日本向けのみならず歐米やアジアなど世界へ向けた販売體制を確立しています
                  また、2019年5月、イグアスベトナム社(ベトナム、丸紅100%)を設立、2022年の生産販売開始を予定しています。イグアス社が有する生産技術?ノウハウおよび販売ネットワークを活用し、丸紅主導の事業運営によって、伸長するアセアン?中國を中心にインスタントコーヒー市場における事業拡大を図ります。両社で年産4萬トンの生産能力となり、丸紅はB to Bインスタントコーヒー市場で世界最大の製造販売者となる見込みです。

                  • イグアス社(ブラジル)
                  • インスタントコーヒー
                    インスタントコーヒー
                  • イグアスベトナム社(ベトナム)工場完成予定図
                    イグアスベトナム社(ベトナム)工場完成予定図

                  特色のある畜産物の生産?販売事業をグローバルに展開

                  海外では、世界各國で増加する高品質な牛肉のニーズに応えるべく、豪州レンジャーズバレー(肉牛肥育事業)と米國クリークストーン社(牛肉処理加工事業)にて事業を行っています。豪州?米國の二拠點體制で、ブラックアンガス牛に代表されるプレミアムビーフの生産?処理加工を行い、グローバル戦略を強化しています。
                  また、中國では、日本での経験?ノウハウを活かしたブロイラー一貫生産の合弁事業を展開し、鶏肉?鶏肉加工品の生産を拡大しています。
                  國內では、日本チャンキー(種鶏事業)、およびウェルファムフーズ(ブロイラー及び豚肉の生産?販売)を有し、厳格な生産管理に基づく安全?安心な食肉製品を量販店?外食や畜産加工メーカーに販売しています。

                  • Rangers Valley社(オーストラリア)
                    Rangers Valley社(オーストラリア)
                  • Creekstone Farms Premium Beef社(米國)
                    Creekstone Farms Premium Beef社(米國)
                  • ウェルファムフーズ社の「森林どり」
                    ウェルファムフーズ社の「森林どり」

                  水産資源の調達力と日米2大消費市場での強固な販売ネットワークに強みを発揮する水産ビジネス

                  アラスカにおける天然鮭鱒や、アジア?中南米の養殖海老など、全世界の産地?加工拠點から消費者のニーズに応じた水産物を調達し、日米両市場で業界トップクラスの販社を通じ販売展開しています。アラスカ産天然紅鮭の取り扱いシェアは約10%、米國販社は海老卸売上全米第3位シェア約6%など、業界での存在感を示しています。
                  また、持続可能な開発目標(SDGs)に資したビジネスも積極的に推進しています。2020年4月、丸紅は、デンマークのDanish Salmon A/Sの株式を日本水産と共同で66.7%を取得、歐州におけるサーモンのサステナブル?環境配慮型の閉鎖循環式陸上養殖事業に參入しました。本件を通じて拡大する世界の水産物需要に応えるのみならず、環境に配慮した水産物を安定供給することで社會課題の解決に貢獻していきます。

                  • Eastern Fish社 海老製品(米國)
                    Eastern Fish社 海老製品(米國)
                  • North Pacific Seafoods社 Red Salmon工場(米國)
                    North Pacific Seafoods社 Red Salmon工場(米國)
                  • Danish Salmon社の養殖アトランティックサーモン
                    Danish Salmon社の養殖アトランティックサーモン

                  全世界へと販売展開する穀物トレーディング

                  穀物取扱量は総合商社トップ。北米?南米を中心に全世界からの穀物調達體制と全世界への販売展開により、國際競爭力のある穀物を日本國內に安定供給するのみならず、増加する世界の穀物需要に対しても柔軟に供給する體制を築き上げています。

                  • 生産風景
                    生産風景
                  • 産地にて
                    産地にて

                  ブラジルに穀物輸出基地を保有

                  テルログ社全景
                  テルログ社全景

                  米國に次ぐ穀物生産?輸出國として成長著しいブラジル連邦サンタ?カタリーナ州サン?フランシスコ?ド?スル港に穀物の保管?船積設備を保有するテルログ社を保有しています。テルログ社は、中國?東南アジアなど新興國の需要増加とブラジルの生産拡大をつなぎ、安定的かつタイムリーな穀物輸出を実現させています。

                  全國に穀物サイロを配置し、大量の穀物を安定供給

                  パシフィックグレーンセンター社をはじめ丸紅グループは全國に7カ所の穀物輸入サイロを保有しています。これらの輸入サイロは、隣接する各飼料工場に対して、穀物の効率的な供給を実現しています。また、製油業界トップメーカーの日清オイリオに出資し、原料穀物の供給などを行っています。

                  • 十勝グレーンセンター
                    十勝グレーンセンター
                  • PGC南日本
                    PGC南日本
                  茄子直播app免费下载ios,1024最新地址获取2017,佐山爱链接